2006年02月17日

第51号 血統の厳格さ

病気療養中、秋篠宮紀子妃殿下ご懐妊の報は筆者の耳にも入った。
誠に喜ばしく祝意を表したいと思うが、メディアは逸早く報道し、これを引き摺って雅子皇太子妃殿下に起こった悲劇を再び起こそうとしているのだろうかと、メディアの悪意を感じずにはいられない。
しかも小泉一派が如き朝敵は、未だ祭祀に於いて抱いた皇室への逆恨みから来る「皇室の改革」とやらを諦めてはいないのだ。
この朝鮮人の逆恨みから来る「皇室の改革」を、徹底的に叩き潰さねば、国の安寧は訪れない。
9月にお生まれになる予定の御子(或いは八百万の神々が齎した神子とも取れるが)を思うと、複雑な気持ちになる。

復帰後最初の記事からサラブレッドものの記事を書いてしまうようで恐縮だが、桜井和空氏の発行している皇位継承Q&Aに取り上げられた記念として、遅まきながら追記しようと考えた事を書かせていただこうと思う。
以下に紹介する参考記事にも書いてあるが、矢張り血統の厳格さを語るにも、サラブレッドは申し分ない材料なのだ。
不敬と思われても致し方ないところだが、敢えて書かせていただく事にする。
なお、この記事が「追記すべき事」を書いている以上、参考記事をお読みいただかないと、ご理解いただけないところが出てくるので、必ず参考記事も併せてお読みいただきたい。

参考記事:第30号 競走馬の血統から見る、女系天皇の異常性

以下の文章は、桜井和空氏の皇位継承Q&A第10号に書かれていた一節である。
長子が男か女かで男系になったり女系になったりするので、
「(男女)双系」と呼ぶべきだと言う人もネット上にいますが、さら
には「雑系」と呼ぶべきだという人もいます。ここには天皇家が
“サラブレッドから雑種になる”という含意があります。サラブレ
ッドにはダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンア
ラビアンという三大始祖の馬がおり、父方(のみ)の系図を遡れば、
三百余年と言う悠久の時を経て、この3頭のうちの1頭に必ず行き着
くといいます。競走馬を母方で見る場合にも、娘−母−祖母のよう
に雌馬だけで遡って見ていくのだそうです。

実は、サラブレッドにロバを交配するような極端な雑種の例ではないが、サラブレッド扱いされなかった名馬が昭和の時代に実在したのである。
後半にてその実話の一例を語っていく事にしよう。

この記事が参考になったと思った方は、クリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。続きを読む
posted by 諸行無常 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(5) | 蝕まれる帝國 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第51号 読者諸氏へお詫び

筆者の病気により、長期に渡り更新が途絶えてしまった。
この場をお借りして、深くお詫び申し上げたい。
継続する予定だった「今月のなうあ〜」並びに「今週の家元」は、これを機に打ち切りとさせていただきたい(病気などの理由により、再び更新が長期に渡り途絶える可能性も否定できないため)。

ボリュームは落ちてしまう事になるが、記述における毒などは相変わらずだと思うので、温かい目で見守っていただきたい。

*こちらにトラックバックいただき、こちらからのトラックバックを受信されていないサイトの管理者様へ私信。
こちらからトラックバック送信が出来ない状態にあるので、トラックバックは省略させていただいている事をご了承願いたい。

今後とも応援くださる方は、クリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
posted by 諸行無常 at 21:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。