2006年02月20日

第53号 竹島を穢す者達

基本スタンスに書いてある通り、筆者の大嫌いな(正直敵とすら思っている)朝鮮人が、また我が国の領土を踏み荒らしているようで気分が悪い。
金正日に篭絡された小泉が自衛隊を動かさないとわかっているから、我が国に対して喧嘩を売っているのがありありとわかる。
しかも、「竹島の日」を目前にしてやってくるのだから、純粋な悪意の塊としか思えない。
筆者の知る限り、無意味に朝鮮人や創価学会に優しい毎日新聞と朝日新聞にしかなかったので、仕方なく取り上げてみる事にする。
竹島:60代の韓国人夫婦が再居住
竹島問題:「唯一の住民」竹島に戻る−−韓国の漁民夫婦と言う記事も同一内容)

 日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)の唯一の住民とされ、03年の台風被害で退避していた60代の韓国人夫婦が19日、竹島に戻った。漁業などをしながら竹島に定住する計画という。聯合ニュースが伝えた。

 韓国は警備隊を配置するなどして竹島を実効支配している。

 夫婦は91年に竹島に近い鬱陵島から竹島に移住。台風で住居が壊れ、韓国の海洋水産省が建設した宿舎に移り住んだが、再び台風被害に遭い、鬱陵島に避難していた。

 島根県の「竹島の日」条例制定などに対し、韓国世論の反発は強い。ふざけるなこのコソ泥が、どう見ても不法占拠だろうが。
この事からもいい加減わかるだろうが、小泉政権は、竹島はおろか本土すらも守る気はない。

竹島・日本本土からの朝鮮人駆逐を切に望む方は、ついでにクリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
posted by 諸行無常 at 16:51| Comment(2) | TrackBack(2) | 自称アジアとの戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第53号 筆者の記事を書くスタンス

筆者の記事を書くスタンスについて書いてみたい。
恐らくは(と言うかほぼ間違いないだろうが)、この記事をお読みになる事で、当サイトの閲覧をやめる方も出て来るかも知れないが、敢えて書いてみる事にする。

1:先人に対する敬意を払い、歴史や伝統は、先人の叡智の結晶と言う認識の上で記事を書く。
2:筆者の率直な意見を書く事を心掛ける。そのため、他人が目を背けるような過激な意見を、平気で過激な論調をもって書く
3:筆者は、純粋な悪意の結晶である朝鮮・支那の手の者(統一教会信者・創価学会信者含む)を憎むべき敵だと思っている。この思想が記事の中にも色濃く反映される。そう言う事であるから、たとえ人から勧められても、ロッテのチョコレートなどは口にしないのである。
4:思想の左右中道を問わず、頷ける意見には耳を傾け、積極的に取り入れる。但し、賛同できない部分が重要な部分と筆者が判断した場合、見捨てるのも徹底的に扱き下ろすのも早い。手を結ぶサイト様に関しても同じ傾向の動きを示す(連載していた「今週の家元」に度々登場していた西部邁が女系天皇に賛意を示した挙句に「女系容認しない者は不敬」等と発言した事も、連載を止めた理由の1つである)。
5:他国との関係がどうあれ、他国を心底から信用している訳ではない(当然だが)。
6:皇室に対する敬意は日本人として持つべきである。今回の皇位継承騒動は、皇室に対する敬意を持たぬ者が聖域を土足で踏み荒らした事件と見ている。皇位を継承するのが誰かは、皇室の御手で御自ら決めるべきであると愚考する。

*こちらにトラックバック送信くださったサイト管理者様へ私信。
こちらからのトラックバック送信が出来なくなっている場合がありますので、その場合は返信を失礼させていただいておりますので、予めご了承ください(トラックバック送信は例外なく試みております)。

こんな筆者に賛同できると思った方は、ついでにクリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
posted by 諸行無常 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。