2006年02月21日

第54号 北朝鮮人権法案に対する不安

北朝鮮人権法案の骨子が自民党内で了承されたようなのだが、これについての情報が乏しいように思う。
自民党の公式サイトを調べてもみたのだが、これに関する情報がなかなか見当たらない。
今国会で成立を目指す法案の情報が、何故こんなに少ないのか、理解できないため、筆者には「何か裏があるのではないかと言う不安」が募って仕方ない。
人権擁護法案や共謀罪、外国人参政権付与法案のような危険な法案については情報があるにも関わらずだ。
立派な名前を冠してはいるものの、その名称とは真逆の法案・法律である事が少なくないからだ(先に挙げた人権擁護法案などはその最たる例だ)。
自民、「北朝鮮人権法案」骨子を了承 今国会で成立期す

 自民党の「北朝鮮による拉致問題対策本部」(本部長・逢沢一郎幹事長代理)は16日午前、党本部で会合を開き、「北朝鮮人権法案」の骨子を了承した。同本部の経済制裁シミュレーションチームで条文化し、党内手続きや公明党との調整を経て今国会に提出、成立を期す方針。

 同法案は、北朝鮮の人権状況に関する国連決議を踏まえて拉致事件を「北朝鮮による国家的犯罪行為」と位置付け、実態解明や国民への啓発を促す内容。その上で政府には、拉致問題など北朝鮮による人権侵害が改善されないと判断した場合の経済制裁発動を義務付けている。

 会合後、逢沢氏は「圧力をかけるためのツールをできるだけ早く政府に与えたい」と強調した。会合では、自治体による在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関連施設に対する固定資産税減免措置への批判が相次いだ。

筆者が調べた限り、このサイトに骨子が少し書かれた程度である。
これについて詳細な情報をお持ちの方、詳細の書かれた良いサイトをご存知の方は、是非ともご教授願いたい。

こんな筆者に賛同できると思った方は、ついでにクリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
posted by 諸行無常 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小泉改革と言う名の悪夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。