2005年12月01日

第23号 みなさまの国辱放送NHK

読者諸氏は、NHKのニュース10をご覧になっただろうか?
筆者は各局のニュース番組を視聴する訳だが、今日はブルガリア出身の琴欧州が大関昇進を決めた日である。
それに対するインタビューの有働由美子アナウンサーの呼び方たるや、誠にもって国辱的と言わざるを得ない。

国技に携わる力士を犬か猫でも呼ぶかのように呼ぶとは、なんと国辱的な輩か。
しかも、大関と言う高みにまで達した力士をだ。


筆者の中で、NHKに対する新しいキャッチコピーが、今日完成したようなものだ。

「みなさまの国辱放送NHK」

これ以上に、国技をバカにした放送局も、そうないのではないか。

日本相撲協会は、もっと怒って良いと思うが如何か。

↓「確かに今回の有働には頭に来た!」と言う方は、応援宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
posted by 諸行無常 at 08:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
こんなサイトがあります。
一度読んでみてください。
 
↓ ↓ ↓
 
「韓国はなぜ反日か?」
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
 
Posted by qoo at 2005年12月02日 03:11
>qoo様

真剣な話、筆者は朝鮮人も支那人も憎悪の領域に達するほど嫌っておりますので、こう言うサイトはしょっちゅう拝見致します。
最近は『嫌韓流』や『マンガ中国入門』などの漫画による入門書なども普及しておりますし、これら反日国家に対する反感を抱くに充分な資料が充実して参りました。

あとは、我が国が真の独立国家としての歩みを進める事が重要だと思っております。
Posted by 諸行無常 at 2005年12月02日 03:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

★ 松田浩 『NHK −問われる公共放送−』 岩波新書(新刊)
Excerpt: 安倍晋三元官房副長官による、ETV2001「問われる戦時性暴力」の番組改変問題。NHK放送総局長への「圧力」で、もめにもめたことは記憶にあたらしい。なんのことはない。これを読了すれば、バカ騒ぎであるこ..
Weblog: 書評日記  パペッティア通信
Tracked: 2005-12-02 05:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。