2005年12月27日

第41号 不遜なる国支那

上海総領事館員が、支那の圧力を苦に自殺したと言う事を読売新聞が伝えている。
読売新聞の速報記事をYahooより持ってきたが、その史那政府の不遜なる態度に怒りを覚える。

上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書
 中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。

 外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。

 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。

 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。

 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。

 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。

死して国を守った斯くの如き総領事館員こそ、我が国の誇れる事物であると言える。
どこぞの小泉何某とか言う男なら、平気で機密情報をも売り渡す事だろうが。

後半では、早速安倍官房長官が反応した事を伝える記事をご紹介しよう。

不遜なる支那に怒りを覚えた方は、クリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。
「脅迫あれば対応」上海総領事館員自殺で官房長官

 安倍官房長官は27日午前の閣議後の記者会見で、在上海日本総領事館の男性館員が中国側から情報提供を強要されて自殺したとされる問題について、「館員が死亡したことは事実だが、遺族の強い意向でコメントは控える」と述べた。

 安倍長官は同時に、「一般論として、接受国は領事の身体の自由、尊厳に対するいかなる侵害も防止するため、適当な措置を取ることが期待されている。脅迫や不正な圧力はあってはならず、発生する場合には、相手国への抗議を含め、適切な対応を取る」と語った。


支那畜様に媚を売る外務省が、支那畜様から脅迫された事実など開示しようはずもないだろうが、矢張り外務省は最低最悪だ。
害霧省の仇名は伊達ではない。

ともかく、この問題を風化させてはならない。
世界各国が支那を絞め付ける方向に持っていくためにも……。
posted by 諸行無常 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(5) | 自称アジアとの戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

上海総領事館員が昨年自殺
Excerpt:  中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。  外..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2005-12-28 07:59

やっぱりマトモな諜報機関が必要なんじゃないかと
Excerpt: 上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書 引用開始 中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていた..
Weblog: 大東亞共榮軒
Tracked: 2005-12-28 13:55

親中派はどの道動きが取れなくなる
Excerpt: 谷垣禎属財務大臣にスキャンダルが持ち上がった。今週発売の週刊文春が告発スクープとして報じた「中国人女性買春疑惑」がそれである。17年前の話ということだが、先日の西村但吾議員ではないが、政治家のスキャ..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-12-28 15:29

Scandal
Excerpt: 今日はセリエAで素晴らしい快進撃を見せているキエーボ・ヴェローナのことについて書こうと思ってたんですが、読者登録させていただいているnyaonnyaonさんの日本のお姉さん の中国は上海の日本総領事..
Weblog: Bohemian Rhapsody
Tracked: 2005-12-29 14:24

笑えないぞ中国・・・
Excerpt: 中国を見ていると、最も極端な形でアメリカに改造された国だと理解できる。%nその中国とはどんな国なのか、それについて少し考察してみたい。
Weblog: 三輪のレッドアラート
Tracked: 2006-01-02 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。