2006年02月22日

第55号 竹島の日における、竹島周辺の動き

日章旗旭日旗


本来なら、日章旗のみを掲げるべき事なのだろうが、筆者は竹島の朝鮮人からの解放・竹島における朝鮮人の駆逐を願って、旭日旗も掲げる事にする。
その竹島の日に、このような記事が出ている。
「竹島の日」 会場周辺騒然 松江
 島根県が定めた初の「竹島の日」の二十二日、松江市では、県などが主催する記念式典「竹島の日の集い」が開かれ、澄田信義知事らが領土権問題の早期決着などを訴えた。式典阻止を掲げる韓国の政治団体の関係者約十人が松江入りしているため、受付で危険物検査が行われるなど緊迫した雰囲気となった。

 「集い」に続いて開かれる「竹島を考えるフォーラム」では、県が設置した「竹島問題研究会」の下條正男座長(拓殖大学教授)が、韓国側が竹島領有の根拠としている文献解釈は誤っているとする会の見解を発表。

 一方、昨年三月に同県庁で刃物を取り出すトラブルを起こした、政治団体「大韓民国独島郷友会」会長の崔在翼ソウル市議(50)らは、式典を阻止する抗議行動を会場近くの県庁などで行うと表明。周辺は大勢の警察官や報道陣で騒然とした。

 また、京阪神などから来た国内の政治結社も市内に街宣車を繰り出した。

 県警は、これらの団体と韓国の政治団体の衝突を警戒しており、会場近辺での街宣車走行を県条例に基づいて禁止するとともに、二百五十人態勢で警備にあたった。

本来なら、国家主権防衛目的と言う名目で、武力制圧をすれば済む話である事なのである。

最近クソッタレな記事を書く自称保守新聞2紙が、それなりに読める社説を書いているようなので、これは後半にて紹介したい。

筆者と同じく、「如何なる手段をもっても、朝鮮人を竹島から駆逐せよ!」と思った方は、ついでにクリック宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。筆者が芥売(ゴミウリ)と呼ぶ読売から紹介してみよう。
 [竹島の日]「主権の問題を県まかせにするな」

 きょうは島根県が条例で定めた初めての「竹島の日」だ。

 条例制定は竹島問題について国民世論の啓発を図るのが目的だ。知事も参加して竹島を考える集会などが開かれる。

 だが、日本の主権にかかわる領土問題で国民に理解を求めることは県まかせでなく、本来、政府が行うべきものだ。

 竹島は江戸時代から漁労地として日本人が利用していた。1905年に島根県に編入された。戦後の日本の領土を規定したサンフランシスコ講和条約でも、日本の領土とされている。

 李承晩・韓国大統領(当時)はサンフランシスコ条約発効直前の52年1月、一方的に李承晩ラインを設定、竹島(韓国名・独島)領有を宣言した。その後、警備隊を駐留させ、占拠を続けている。

 昨年3月の「竹島の日」条例制定時には韓国側が強く反発し、自治体間の交流が中断するなど波紋を広げた。

 日本国内でも、領有権問題について国民の関心を呼び起こした。島根県のホームページの竹島コーナーには、条例を制定した3月から今年1月までに約70万件のアクセスがあった。それ以前の同じ期間と比べ4・6倍だ。

 日本政府ではなく、県の独自の動きで竹島という領土問題への国民の理解が深まったのは、何とも皮肉なことである。それでも、竹島問題への理解が広く定着しているとはとても言えない。

 韓国側は昨年3月、一般国民に竹島への観光ツアーを認めた。4月には韓国国会で「竹島の持続可能な利用に関する法律」を成立させた。実効支配強化へ既成事実を積み重ねている。

 日本政府は、そのつど抗議してきたが、韓国は「妄言」などと拒絶している。日本側が抗議以上に踏み込まないのは、韓国を刺激するのは得策ではない、との判断もあるからだろう。だからといって、国民に竹島の領有権への理解を求めることまでおろそかにしてはならない。

 「竹島の日」制定の背景にあった漁業関係者の不満も、依然強い。

 竹島周辺は、ズワイガニなどの好漁場だ。日韓両政府は98年11月、竹島周辺を暫定水域とし、事実上の「共同管理」とする漁業協定に署名した。

 ところが、7年余りたった今でも具体的な操業条件は確定せず、事実上、日本漁船は締め出されている。日韓両政府は昨年5月から協議に入っているが、進展はない。ルール作りを急ぐべきだ。

 領土問題の解決は極めて難しい。だからこそ、領土問題について国民の幅広い理解を求め、日本の立場を強化していく努力が大事だ。

そう、皇室典範改悪では最悪な記事を書いていたと言う事実は忘れないが、我が国はもっと毅然たる態度をとる必要がある。

我が国を侵略するに対して、譲歩など必要ない。

自衛隊結成当初の目的が何なのか、我々個々人がで改めて良く考えるべきである。

続いて、産経の社説。
【主張】竹島の日 固有の領土を銘記したい

 二十二日は、島根県が条例で定めた初めての「竹島の日」だ。竹島が日本固有の領土であることを、県民のみならず、日本国民が忘れずに胸に刻む日としたい。

 この日、松江市では「『竹島の日』の集い」「竹島を考えるフォーラム」などの啓発イベントが開かれるが、外務省の担当者や県選出の国会議員らは出席を見送った。韓国を刺激しないための配慮とみられる。地元の盛り上がりに比べ、政府のやや腰の引けた姿勢が気がかりである。昨春、「竹島の日」条例が制定されたとき、韓国側の反発は尋常ではなかった。

 島根県と姉妹提携していた慶尚北道が同県との交流を中断したのをはじめ、他の自治体との姉妹提携も次々と中止や延期を通告された。韓国政府は、竹島を日本領とした教科書記述の削除まで求めてきた。今年は、一転して静観する意向のようだ。

 韓国が竹島の国際問題化を恐れているからだといわれる。その一方で、竹島観光ツアーを解禁したり、韓国国会の国防委員会が竹島を視察するなど、着々と既成事実化を図っている。この韓国の静観ペースに日本が合わせていたのでは、竹島が日本に返ってくる日はますます遠のく。

 韓国国会の視察に対し、日本はソウルの大使館を通じ、書記官が韓国側に電話で抗議しただけだが、もっと強い抗議の意思を示すべきだった。

 竹島は島根県隠岐島の北西約百五十七キロに位置し、二島(東島と西島)と数十の岩礁から成る。江戸時代から日本の漁民が幕府から拝領し、実効支配してきた。付近は、サザエ、アワビなどの宝庫として知られる。

 明治三十八(一九〇五)年、竹島を島根県の一部とする閣議決定が行われ、同県が竹島を所管する告示を出した日が二月二十二日だ。竹島は歴史的にも法的にも、まぎれもない日本領土なのである。

 戦後、独立した韓国の李承晩政権は竹島を韓国領とする「李ライン」を一方的に設定した。これに対し、日本は何度も抗議し、国際司法裁判所に提訴することを提案したが、韓国はこれを拒否し、不法占拠を続けている。韓国が国際社会で重要な位置を占めるためにも、日本の提案に応じ、公正な第三者の判断を仰ぐべきである。

そう、公正な判断を仰ぐには、第三者の判断即ち国際法廷における判断が必要なのである。
ところが、奴等は負ける事がわかっているため、国際法廷に出る事を拒否している。
そして、我が物顔で水産資源を盗漁して回っている事を考えると、矢張りこう考えざるを得ない。

我が国からの朝鮮人駆逐が急務であると。
posted by 諸行無常 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 自称アジアとの戦い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13777033

この記事へのトラックバック

脅される日本、乗っ取られる日本。
Excerpt: そして、脅される日本。乗っ取られる日本。
Weblog: 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
Tracked: 2006-02-22 19:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。