2005年11月29日

第22号 拉致問題は解決しない

西村眞悟議員の逮捕問題は、各サイトで大きく取り上げられている。
矢張り陰謀論を支持する向きが大きいようだ。
その急先鋒とも言えるのが文藝評論家=山崎行太郎『毒蛇山荘ブログ日記』であろう。
西村議員の問題を取り上げてから、筆者の参加しているブログランキングで、急速に票を伸ばしている。
今回も西村議員についての記事だが、報知新聞のサイトにこのような記事があったので紹介していこう。

西村議員、弁護士法違反で逮捕

名義貸し190件報酬3000万円
 自身の法律事務所元職員の非弁活動(無資格での弁護士活動)を知りながら弁護士の名義を使用させていたとして、大阪地検特捜部と大阪府警は28日、弁護士法違反(非弁護士との提携)容疑で民主党衆院議員の西村真悟容疑者(57)=比例代表近畿ブロック=を逮捕した。西村容疑者は調べに対し「分かりました」と容疑を認めたという。特捜部などは同日、同容疑者の政策秘書2人も逮捕した。

 タカ派議員の勇ましさはなかった。午前8時10分、大阪府警の出頭要請に応じ濃紺のスーツ姿で自宅から出てきた西村容疑者。胸に議員バッジはなく、日の丸のバッジと拉致被害者救出活動のシンボル「ブルーリボン」だけ。「今日の予定を淡々とこなすだけです。みなさん、ご苦労さん」と報道陣に言い残し車で府警本部へと向かった。

 調べでは、西村容疑者らは1998年5月から約6年間、すでに逮捕された元職員・鈴木浩治容疑者(52)らに自分の名義を貸し、43回にわたり無資格で交通事故の示談交渉をさせた疑い。特捜部などは西村容疑者が非弁活動を認識しながら名義貸しを続けていたとみている。

 西村容疑者はタカ派の論客としてテレビ番組に出演するなど行動は派手だったが、内情は苦しかったという。ある関係者は「羽振りはよくなかった。服もよれよれだった」と明かす。堺市内の自宅は、表札の字が読めなくなっているほど古びた状態で、質素な暮らしぶりがうかがえた。

 議員活動のため法律事務所が“開店休業状態”に陥る一方、秘書らの人件費がかさんでいた西村容疑者に、たとえば5000万円の保険金が下りれば250万円(5%)の報酬が払われるという鈴木容疑者の提案は魅力的だったのかもしれない。非弁活動は約190件に及び、西村容疑者の報酬は約3000万円という。

 西村容疑者は逮捕前日の27日夜、顔見知りのすし店で家族や秘書など親しい関係者だけで食事をとった。西村容疑者は体調を崩し控えていた焼酎の水割りも口にした。顔を赤らませながらも表情は憔悴(しょうすい)しきった様子で、過激発言で注目を浴びたかつての面影はなかったという。西村容疑者逮捕の一報を受け、事務所に駆け付けた支援者の男性(52)=自営業=は「先生への支持は変わらない」と涙ぐんだ。だが、堺市内の会社員男性(57)は「政治家というより、人間として最低。辞めるべき」と話していた。
 
この記事は長いので、後半にてこの記事のキモとも言える部分を紹介していきたい。

↓矢張り変だと思った方は、クリックにご協力宜しくお願い致します。
政治blogランキングへ政治blogランキングへ投票宜しくお願い致します。続きを読む
posted by 諸行無常 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(8) | 消え行く民 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

第11号 ここ数日の異常な報道について

ここ数日本田美奈子さん(歌手)の訃報がかなり大きく、しかも頻繁に報道されているが、こうもしつこく、そして大きく報道する意味は何かを考えてみたい。
最近は舞台で活躍していて、テレビではあまり見かけなかった彼女だが、急性骨髄性白血病によって38歳で亡くなったと言う。
確かに若くして亡くなったかも知れないが、夏目雅子さんほどの夭逝と言う訳でもない(筆者は、別に亡くなるのが早いのか否かを論じるつもりはない)。
しかも、夏目さんに関しても、これだけしつこく報道されたと言う記憶がない。
加えて、彼女がそれほど目立っていたと言う記憶もない。
では、何故こうも大きく取り上げられたのか?
「芸能人の訃報を、何か大きな事の隠れ蓑にしている」と言うのが筆者の考えである。
筆者は、人の不幸を悪事の為の隠れ蓑にする者達を、そしてそのような事を断じて許しはしない。
逆賊小泉純一郎、その報い、必ずや己に降りかかって来よう。


後半では、このような事の隠れ蓑にしたのではないかと推測する。続きを読む
posted by 諸行無常 at 07:46| Comment(2) | TrackBack(2) | 消え行く民 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。